mame²

アラフォー、アラフィフのためのアンチエイジング

乾燥しやすい唇のケア

f:id:mamemame1965:20200211134401j:image

 

こんにちは、mameです。今回は乾燥しやすい唇のケアのお話です。

毎年、冬になると唇が乾燥しやすくて、酷い時は皮が剥けちゃうことも💦

 

お肌が乾燥するこの時期、唇の乾燥にも悩まされる方も多いのではないでしょうか。

 

でも、その唇の乾燥の原因、ただ単に冬の乾燥だけではないかもしれませんよ💦

 

それは、普段なにげなくやってしまっているクセが原因かもしれません。

 

 

乾燥しやすい唇のケア:NGな唇のクセ

 

f:id:mamemame1965:20200211134416j:image

 

1.唇を噛む

 

下唇を噛むクセ、それは肌と同じように唇に強い刺激を与えてしまい、くすみや色素沈着の原因になってしまうそうです。

 

お肌同様に唇の色がくすんでしまうと老け見えの原因になるので、唇を噛むクセのある方はすぐにやめましょう!

 

2.唇を舐める

 

唇が乾燥すると、ついつい唇を舐めてしまっていませんか?

 

唇も肌と同じように皮膚なので水分のみを与えると、表面の水分が蒸発する時に皮膚の水分まで一緒に外へ出てしまうそうです。

 

なので舐めれば舐めるほど、ますます乾燥してしまいます🌵

 

3.唇の皮を剥いてしまう

唇の皮をむりやり剥いてしまうと唇に刺激を与えてしまいます。

 

くすみや色素沈着の原因にもなるので、むりやり剥くのはやめましょう。

 

4.唇が荒れている時にティントタイプの口紅をつける

ティントタイプや色持ちの良い口紅は刺激が強いので、唇に負担がかかります。

 

唇が荒れている時は使用を控えましょう。

 

リップケアの正しいやり方

 

リップクリームは使い分けましょう!

リップクリームには、大きく分けて3つの種類があります。

 

自分自身の唇の状態によって使い分けましょう。

 

1.乾燥している唇には「リップクリーム」

 

f:id:mamemame1965:20200211203108j:image

 

寝ている間に唇も乾燥してしまいます。

 

ベッドに入る直前にもリップクリームを塗って保湿してから就寝するようにしましょう。

 

中でも「ワセリン配合」のものがオススメです。

時間がたっても水分を逃がさずキープしてくれます。

 

塗り忘れ防止のために、枕元にスティックタイプのリップクリームを置いておくと便利で塗り忘れがなくなります。

 

また、寝る時に「リップクリーム+マスク」をするのもオススメです。

 

マスクをすることで、布団と唇がこすれなくなり、唇の保湿にもなりリップクリームの浸透を高めてくれます。

 

 

2.皮剥けしているクチビルには「グロスタイプの液体リップクリーム」

 

f:id:mamemame1965:20200212162455j:image

 

 

唇の皮が剥けて気になる時は、シュガースクラブやリップゴマージュを活用して優しく皮剥けをOFFしましょう。

 

また、リップグロスのように粘度の高いものでケアをし、3〜4日間は毎食後と夜寝る前にしっかりと保湿しましょう。

 

 

3.唇が乾燥で切れてしまっている状態の場合には「医薬品のジャータイプか病院で塗り薬を処方してもらう」

 

f:id:mamemame1965:20200211204941j:image

 

唇が切れてしまっている場合は医薬品のものを使用してください。

 

医薬品とは、治療を目的とした薬に分類されている商品で、厚生労働省より有効成分の効果が認められたものが含まれています。

 

第二類や第三類は薬剤師または登録販売者がいれば購入できますが、第一類以上は医師や薬剤師の説明や指導が必要になります。

 

また、予防目的なら「医薬部外品」がオススメです。

 

 

 

医薬部外品には、厚生労働省が許可した「予防や衛生面に配慮された成分」が一定濃度で配合されています。

 

唇に強すぎる成分が入っていないので、乾燥する季節に予防として使うのにオススメです。

 

リップクリームの塗り方

唇には前後、縦横、左右と様々な方向に動くように元々縦じわが入っています。

 

この縦じわがないと唇は自由に動かず、唇が切れてしまうこともあります。

 

そのためリップケアのためには、この縦じわの間に埋め込むように縦にリップクリームを塗るのがポイントです。

 

リップクリームをただ横に塗るだけでは、縦じわの深い部分にリップクリームがいきわたらないので、縦にも塗るようにしてみてください😊

 

食事からキチンと栄養をとる

 

お肌もそうですが唇も栄養が足りなくなると荒れやすくなります。

 

お肌も髪も美容全てまずは体を健康にすることから始まります!

 

  • 野菜(ニンジン、ブロッコリー、長芋、ゴボウ、ショウガなど)
  • 魚全般
  • お肉(食べ過ぎに注意!)
  • 海藻類
  • キノコ類
  • 大豆製品
  • 卵(生のほうがより良い)

 

これらをなるべく意識して食べるようにしましょう。(腹八分目、できれば腹七分目が良いそうです💦)

 

食材についての記事多数ありますので、お時間のある方はどうぞ😊

 

www.masuji.work

 

 

www.masuji.work

 

www.masuji.work

 

 

www.masuji.work

 

おわりに:乾燥しやすい唇のケア

 

いかがでしたか?

 

普段ついついやってしまっているクセが唇の乾燥を招いてしまっていることもあるんですね😅

 

私も唇が乾燥してくるとついつい舐めてしまっていました💦

 

前までは冬になると唇の皮が剥けてしまうこともよくありました💦

 

でもここ数年は食事にも気をつけるようになったからか、唇が荒れることもなくなりました😊

 

もちろんリップクリームでの保湿も欠かしません。

 

せっかくお肌は一生懸命お手入れしてキレイでも、唇が荒れて皮剥けでは台無しです💦

 

唇もきちんとケアしてあげてくださいね😉✨

 

 ランキングに参加しています。

 

お時間があればクリックして頂けると嬉しいです✨

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

 

 

www.masuji.work