mame²

アラフォー、アラフィフのためのアンチエイジング

体の中から紫外線予防するファイトケミカル

f:id:mamemame1965:20200418123651j:image

 

 

こんにちはmameです。今回は「食べる日焼け止め」と言われている「ファイトケミカル」についてのお話です😊

 

早いもので季節は春になり、これからまた夏へ向かって気になるのが紫外線対策☀️

 

紫外線は細胞を傷つけたり、肌を支えているコラーゲンやエラスチンを傷つけます。

 

コロナの影響により外出自粛はしてはいるものの、食材などの買い物には出かける必要はあり、また仕事も休めず働きに出かけている方々も多いかと思います。

 

私も歯科医院勤務で今の所は時短も休診もなく、通常通りの出勤です💦

 

なんとなく気持ちは沈みがちではありますが、確実に季節は紫外線の強い初夏へと向かっています。

 

外出の機会が少ない方も部屋の中でも紫外線は降り注ぐのでやはり対策は必要になってきます。

 

今回は日焼け止めなどの外側からのケアだけではなく、身体の中からのケアについて調べてみようと思います😊

 

スーパーフードの【モリンガプロテイン】

 

 

食べる日焼け止めで予防する

 

これからの時期に気をつけたい紫外線。

 

実は塗る日焼け止めだけではなく、体の中から対策が出来る「食べる日焼け止め」があるんです😊

 

ファイトケミカルで紫外線予防!

 

ファイトケミカルは「食べる日焼け止め」と言われていますが、具体的にファイトケミカルとはどんな物なのでしょうか?

 

ファイトケミカルとは?

 

f:id:mamemame1965:20200419135333j:image

 

ファイトケミカルとは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作られた色素や香り・辛み・ネバネバ成分の事です。

 

ファイトケミカルは必須栄養素ではないですが、抗酸化作用や免疫力アップ、紫外線予防に繋がると言われているので是非摂取してほしい成分と言えます。

 

次にファイトケミカルで注目されている成分を紹介しますね。

 

ポリフェノール

抗酸化作用のあるファイトケミカルの代表がポリフェノールです。

 

ポリフェノールは水に溶けやすい性質をもっています。

 

f:id:mamemame1965:20200419161641j:image

 

 ブルーベリーや赤ワインなどに含まれるアントシアニン、お茶に含まれるカテキン類、コーヒに含まれるクロロゲン酸などがあり、強い抗酸化力があります。 

 

アントシアニン

•ブルーベリー •ブドウ

 

イソフラボン

•大豆

 

フラボン類

•セロリ •パセリ •ピーマン

 

カテキン

•緑茶 •果実類 •カカオ

 

フラボノール類

ブロッコリー •タマネギ

 

フラバン類

•柑橘類の果皮

 

 

カロテノイド

カロテノイドは脂溶性の性質を持っています。

 

f:id:mamemame1965:20200419163853j:image

 

ニンジンやカボチャなどに含まれるβーカロテンや、トマトに多く含まれるリコピン、ほうれん草やブロッコリーに含まれるルテインなどがあります。

 

αーカロテン

•ニンジン •カボチャ

 

βーカロテン

•ニンジン •カボチャ •トマト

 

βークリプトキサンチン

•みかん •ほうれん草

 

リコピン

•トマト •スイカ

 

ルテイン

•ほうれん草 •ブロッコリー

 

ゼアキサンチン

•カボチャ •トウモロコシ •桃

 

  

含硫化合物

抗酸化作用をもつファイトケミカルの他に、大根やわさびに含まれるイソチオシアネートや、タマネギ、キャベツに含まれるシステインスルホキシドがあります。

 

f:id:mamemame1965:20200419164059j:image

 

これらの化合物は硫黄を含み、辛みや強い刺激臭が特徴です。

 

これらは、血行や血流の促進や強い抗菌作用、肝臓や消化器官の解毒酵素の活性化などの効果があります。

 

イソチオシアネート系

•大根 •わさび

 

システインスルホキシド系

•タマネギ •キャベツ

 

  

オススメなレシピ

ファイトケミカルの食材は手軽に近所のスーパーで手に入るものが多いです😊

 

今からすぐにでも出来るメニューのご紹介をします。

 

トマトのサラダ

f:id:mamemame1965:20200419172524j:image

 

トマトには美肌やシミ予防に効果的なリコピンが含まれていて抗酸化力が強く、生活習慣病などから身を守る働きがあります。

 

トマトはサラダにしたりトマトジュースにしたりなど手軽に摂ることが出来ますね😊

 

ニンジンの金平

 

f:id:mamemame1965:20200419190229j:image

 

ニンジンにはβカロテンが含まれており、肌の奥の隠れジミや目の健康を維持するのに効果的とされています。

 

ニンジンについて詳しくはコチラをどうぞ😊

  

www.masuji.work

 

カボチャのポタージュスープ

 

f:id:mamemame1965:20200419190819j:image

 

ホクホクのカボチャを使ったポタージュスープはβ-カロテンをたっぷり摂れるし美味しいですよね😊

 

ほうれん草の胡麻和え

 

f:id:mamemame1965:20200419191736j:image

 

ほうれん草には鉄分・ビタミンC・カロテン・ビタミンB1・B2・葉酸・食物繊維も豊富に含まれています。

 

フルーツから ビタミンA•C•Eを摂ろう!

フルーツにも多く含まれているビタミンA•C•Eは肌を守ってくれる大切な成分です。

 

これらも合わせて積極的に摂取しましょう😊

 

ビタミンC

ビタミンCは肌のコラーゲンの生成を助け、紫外線で傷ついた肌を立て直すサポートをしてくれます。

 

またシミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑える働きもあります。

 

さらに抗酸化作用もあり、紫外線による皮膚の酸化を抑えます。

 

ビタミンCを含むフルーツ

•レモン •オレンジ •カボス •柚子

  

ビタミンE

ビタミンEは血行を促進し肌の新陳代謝を高めるほか、活性酸素を抑える抗酸化作用があります。

 

ビタミンEを含むフルーツ

•アボガド •キンカン •マンゴー 

 

•プルーン •ブルーベリー •ドリアン

  

ビタミンA

ビタミンAには皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあり、抗酸化作用も期待できます。

 

ビタミンAを含むフルーツ

 

•スイカ •みかん •グレープフルーツ •アンズ

  

これらビタミンC,E,Aは肌の老化を防ぐ働きをする栄養素チームとして「ビタミンACE(エース)と呼ばれています。

 

注意!

フルーツの中には体内に取り入れると紫外線を吸収しやすくなる「ソラレン」という物質があります。 これは野菜やフルーツに含まれることが多いので、外出前に食べるのは注意が必要です。 ソラレンを多く含むフルーツとして、レモン•オレンジ•グレープフルーツ•キウィ•アセロラなど。 これらは外出後に食べるようにしましょう。

 

 

おわりに:体の中から紫外線予防するファイトケミカル

 

いかがでしたか?😊

 

紫外線はシミやソバカスだけではなく、肌を支えるコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまい老化を促進させます😓

 

日焼け止めなど外側からのケアももちろん大切ですが、体の中からもしっかりケアしWで対策をして、紫外線に負けない強い肌を目指しましょう😉✨

 

 

ランキングに参加しています。

 

 

もしお時間がありましたらクリックして頂けると嬉しいです✨

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

www.masuji.work

 

POLA公式通販 ポーラのスキンケア